便秘解消ストレッチ

腹式呼吸を用いた体操

便秘 解消の体操・運動の中で、今回は腹式呼吸を用いた体操を紹介します。慢性的に運動が不足している方は、出来そうであればこの体操を試してください。

そもそも複式呼吸とは通常の自然な呼吸とは違って、お腹をへこましたり・膨らませたりするする呼吸のことを指し、全身に酸素を行き渡らせることが可能な呼吸法です。

この複式呼吸を使った便秘 解消の体操の方法を、簡単に説明します。

まず立った状態で、お腹に意識を集中させて複式呼吸を数回してから、息を吸い込むのと同時に肛門の部分にグッと力を入れて、肛門を閉じて、それと同時に息を止めてください。その状態から数秒間経った後に、息を吐いて肛門を開いてリラックスした状態に戻します。この体操を1日に数回行なうということです。

この体操は複式呼吸によって大腸の動きを活発にすると共に、肛門の筋肉部分には神経が集中していますので、この部分をを刺激することで、便意のキャッチの度合いを鋭くする効果が期待できます。

なかなか最初の方は腹式呼吸を意識することに戸惑うこともあるかと思いますが、ポイントとしましては、心身共にリラックスした状態で、しっかりと意識的に深い呼吸を心がけるということです。

あとはやはり毎朝少しの時間でも構いませんので、継続することです。個人差はあるにせよ、便秘の解消に一役買ってくれるかもしれませんよ!

ストレッチで腸を刺激する!

今すぐ出したい便秘解消のストレッチで、腸を刺激する体操を紹介します。運動の不足気味な方や、便秘でお悩みの方はぜひともこの体操を試してください。

それでは簡単に、便秘 解消の体操を説明します。

まず、あお向けになった状態で両手を組んであごの下に置いて、両足は伸ばした状態にします。そしてその状態で、勢いよく片方の足をおしりにつけるように持ち上げてください。あとはそれを交互の足で繰り返すという単純な体操です。

慢性的な便秘で悩まれている方の多くは、運動不足やその他の原因によって腸が果たすべき機能が正常に働いていない為に起こります。この体操をすることによって腸を刺激することができますので、当然個人差はあるかとは思いますが、積極的な便通を促すことができるようになります。

この体操や、その他の運動などほとんどの腸に関することで抑えておくべき時間帯は、比較的に便意が起こりやすい朝ですので、起き抜けに少しでもよいので、排便の為の時間を取れるような生活を心がけるが、便秘の解消につながります!

便秘の解消のつぼ

便秘の解消に効果のあるつぼについて解説していきます。便秘の解消法の1つに、特定の部位にあるつぼを押したり、マッサージしてあげることで便秘の解消に効果があります。

まず1つ目のつぼは足のくるぶしの内側部分にあり、足の親指と、骨の突起部分の間にあります。この部分のつぼをひざを立てた状態で力を入れて押してあげることで、大腸に刺激をあたえることができます。大体の目安としましては、このつぼ部分は数秒間押してあげてください。この指圧は左右両足共に、5〜6回程度で構いませんので、できるだけ毎日続けましょう。

もう1つのつぼが手の甲部分に存在します。ここのつぼも同様に押してあげるようにしましょう。つぼの場所の詳細は、左手の人差し指と中指の間の手首との中間地点ぐらいの場所になります。ここをしっかりと指圧することで、排便の促進に効果があります。ここのつぼ部分も、くるぶしのつぼ部分同様、数秒間の指圧を5〜6回ほどしっかりと押してあげるのがいいでしょう。

どちらのつぼに関しても、痛みが我慢できるギリギリまで指圧する力をしっかりと入れてあげることがポイントになってきます。またつぼのマッサージも毎日の継続が必要なので、合い間に時間を見つけてはやるようにしていきましょう。

このつぼ部分に刺激を与えることで、大腸の機能が鈍くなっている方や、慢性的な便秘症状の方には嬉しい、活発的な大腸の活動が見込めますので1度騙されたつもりで試してみてはいかがでしょうか!

体操で腹筋を鍛える!

今すぐ出したい便秘の解消法として、体操をしながら腹筋を鍛えることをお勧めいたします。

便秘の解消の為には、運動の不足で腹筋が弱くなっている方が多いので、便を押し出すときに必要な腹筋を鍛える必要があるでしょう。簡単な体操でも、腹筋を鍛えることはできますので1度勉強しておきましょう!

やはり食事や生活を改善して、スムーズに排便する環境を整えたとしても排便する時に必要な腹筋が弱ければ、なかなか便秘の解消はうまくいきません。


それでは、簡単にここで腹筋を鍛える体操を説明いたします。

あお向けになった状態で両足と両腕をまっすぐと上にのばし、その状態から、手と足をのばしながら状態を起こすだけでOKです。この体操を10回ほど繰り返すのですが、その時にしっかりと腹筋を意識するようにして体操するようにして下さい。

またこの体操で状態を起こすときに、息を吐きながらやると更に効果が上がります。注意点としましてはくれぐれも無理のないように行なうこと。また3日坊主になってしまっては効果はありませんので、少しでも構いませんので、毎日続けるようにして下さい。

この体操をすることによって、りきむ力の元となる筋肉を養うことができますし、運動の不足の解消や自律神経の改善のにもつながりますので、健康面でも、かなり効果は期待できるのではないでしょうか!

お腹のマッサージ

今すぐ出したい便秘解消のストレッチとして、お腹のマッサージをすることをお勧めいたします。このマッサージは運動や体操というわけではありませんが、1番手軽にできますので、ぜひとも便秘で悩んでいる方は1度試してみてはいかがでしょうか。

それでは、マッサージの方法の簡単な説明をします。とても簡単です。

まず手のひらを温めてあげてから、へそを中心にお腹周りを円上にさすってあげるだけです。その際のポイントとしましては、全身の力を抜いてリラックスした状態で行なうのがよいでしょう。マッサージと言ってもこれだけのことなのですが、このマッサージをすることによって、大腸に直接刺激を与えることが出来ますので、かなり効果が期待できます。また、さすってあげるだけでなく指で指圧するのも良いでしょう。

時間的には、やはり便意が起こりやすい起き抜けがよいとされていますがそんなに時間の取れない方は、合間の空き時間にやるのがいいでしょう。慢性的な便秘でお悩みの方は、10分間程度で構いませんので、このお腹周りのマッサージを試してみてください。

個人差はあるかとは思いますが、今さっきまでなかったはずの便意が起こってスムーズに排便することができるかもしれません。補足としましては、便秘のときはへその下部分の下腹部に宿便と言われる排泄されていない便が溜まっていますので、お腹周りだけでなく、この下腹部へのマッサージも効果的だと思われます。

これらのマッサージの1番効果的なやり方は、あお向けになりながらひざを立ててやると効果があるそうなので、実践されるときは試してみてください。

ページの先頭へ