便秘解消レシピ

ヨーグルトを食べる

よくヨーグルトが便秘の解消にも効果があると耳にすることも多いと思いますが、これはヨーグルトなどの乳製品に含まれる成分に効果があるからです。

これは最近増えてきている、「過敏性腸症候群」といわれる症状に代表されるように、便秘で腸の中に宿便が溜まってしまうと、悪玉菌というものが増加してしまい、この悪玉菌が腸内環境の悪化させてしまい、さらに便秘になってしまうと現象があります。

こうなってしまいますと、どんどんと腸にとって悪い方向に流れてしまうことになるので、慢性的な便秘だけでなく最悪の場合、大腸がんという非常に重い病気にかかってしまうという可能性もあるのです。

こういった便秘の悪化を防ぐ為にも、ヨーグルトを積極的に食べることをお勧めしています。ヨーグルトにはビフィズス菌といったような善玉菌を増やしてくれる効果がありますので、腸内環境を健やかに整えてくれるのです。

ヨーグルトだけではなく今では、このビフィズス菌が入っている乳酸飲料や、健康食品なども多数販売されていますので、こういったものをレシピの中に、積極的に取り入れることで、腸内を健康な状態にして便秘を解消することに繋がるのです。

特にヨーグルトは、今やどこでも手に入る食品で自分なりのレシピの中に、アレンジとして幅広く応用することができますので、便秘解消だけでなく身体の健康ということでも、非常にお勧めできる食材だと思います。

果物で刺激を与えてあげる

果物を利用する便秘の解消法をご紹介いたします。食事と食事の間などに果物を摂ることで、便秘の解消に効果を発揮します。

なぜ果物が便秘の解消に効果を発揮するのかと言いますと、果物はその独特の果糖という甘味成分が含まれている食べ物で、この果糖が積極的に大腸に刺激を与えて、排便を促してくれます。

また果物には水分がたっぷりと含まれていますので、便をやわらかくするための水分補給という視点からも、果物は外せない食べ物であることが伺えます。

特にお勧めの果物はりんごです。りんごにはペクチンと呼ばれる水溶性の食物繊維が含まれおり、腸内環境を整える役割をしてくれますので、また下痢などの時には、腸の壁を守ってくれるという働き者の食べ物です。さらにりんごに含まれるペクチンには、大腸がんの予防にも効果を発揮します。

りんごなどの果物であればスーパーなどで手軽に購入できますし、食事の中に取り入れたり、朝食に食べるヨーグルトの中に入れたり
個人でのアレンジなども容易に可能ですので飽きずに、すぐにでも実践することが出来るかと思います。

注意点と致しましては、あくまでも果糖は糖分になので肥満につながる可能性もあります。適度な量を摂るようにしましょう。特にダイエットをされている方は、体重が増えてしまっては元も子もありませんので、常識の範囲内での果物の摂取を心がけるようにしましょう!

野菜は温めて温野菜で!

野菜について解説いたします。便秘を解消しようと思って、食事の中に野菜をたくさん摂っている方が多いと思います。

たしかに野菜には食物繊維が含めれているので、便秘の解消法としては問題はないのですが、その食べ方に工夫する必要があります。これは食事の中で生野菜をたくさん食べている方がいるのですが、この方法はあまり効果的な野菜の取り方とはいえない部分あります。

なぜかと言いますと、生野菜は水分が多く含まれていますのでそれほどの量を食事で摂ることができないからです。これはお気づきの方もたくさんいらっしゃると思います。

ではどうすればいいのかとなりますと、生ではなく野菜を温めてあげることです。これは野菜を茹でたり煮たりすることによって、水分を飛ばし、ボリュームを少なくすることができるので、温野菜にすると無理なく食事ができるということです。

ページの先頭へ