便秘薬下剤について

便秘解消に効果的な薬として真っ先に挙がるのが下剤でしょう。 便秘薬とも呼ばれている下剤ですが、小腸や大腸の活動を促進させて排泄を促す効果がある、または便を柔らかくする効果のある薬のことを言います。 便秘の原因によっては、症状を悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。 また、下剤も薬ですので、副作用のことも充分考えて使用しましょう。 ここでは下剤をタイプ別でご紹介します。

湿潤性下剤(膨張型)

水分を消化管内からたくさん吸収して便を柔らかくし、腸の内容物のカサを増やして無理のない排便を促します。食物繊維と同じ作用です。習慣性がなく副作用も少ないので、長期的な投与で便秘を解消するケースに適しています。

刺激性下剤

腸壁を刺激して、弱っている腸の動きを活発にさせます。便秘薬として作用が強力で習慣性もあります。長期に渡って投与すると腸管粘膜に炎症が起こりやすくなり、栄養の吸収を妨げることがあります。また、骨盤充血の可能性も高いので、妊娠中や月経時の使用は避けたほうが良いでしょう。

塩類下剤

腸管内の水分吸収を抑制し、便を柔らかくする作用があります。長期に渡って便秘に悩んでいる人には、全身性・局所性の副作用がなく、習慣性も少ない下剤ですので良いでしょう。酸化マグネシウム、硫酸マグネシウムなどがこのタイプにあたります。

便秘薬漢方薬について

便秘を解消するのに効果的な薬として、漢方薬があります。 漢方薬なら他の薬に比べ、直接便秘を解消する作用があるというよりも、体質から変えていくというような、身体に良いイメージがあります。 漢方薬で便秘に効果のあるものは、便秘になりにくい体を作っていくものと、排便を促す即効性のあるものとがあります。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

便秘薬として最もよく用いられる漢方薬で、便秘以外に特に悪い症状がない場合の、体力がある人向けの便秘薬です。

桂枝加芍薬大黄湯(けいかしゃくやくだいおうとう)

腹部膨満感を伴った腹痛や便秘などに使用されます。体力があまりない人向けの便秘薬です。

大柴胡湯(だいさいことう)

みぞおちが硬く張っていて、胸や脇腹にも痛みや圧迫感があり、便秘がちな状態の場合に使用されます。がっしりとした体格で体力がある人向けです。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

生理不順など生理の不調を伴う場合に使用されます。比較的体力のある人向けです。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

イライラや不眠など精神的なストレスがある場合などに使用されます。比較的体力のある人向けです。

ページの先頭へ