便秘解消するために

【便秘今すぐ出したい!便秘即効解消方法】今あなたが便秘について苦しんでいるなら、そうなってしまうワケと対策法を把握することから一歩踏み出すことをお勧めします。それさえできれば、便秘が原因の悩みを解決することに繋がっていくのです。

便秘とは?

便秘の解消や予防・改善を目指すのであれば、まず便秘というものがどんな症状なのかについて、知る必要があります。まずここでは便秘とはそもそも一体何なのかについて、考えていくことにしましょう。

まず便秘とは基本的に、便が大腸内に長い期間留まり、排便がスムーズに行われない状態のことを指します。便秘の状態は人によって症状や個人差もありますが、大体一般的な健康体の方は1日1回の排便が通常とされていますが、中には3日1回の排便でも健やかに、なんら問題なく、生活ができているという人もいます。

逆を言えば3日1回の排便でも快適に生活を送られている方は、便秘ではないということがいえるでしょう。また便秘は期間だけが取り上げられがちですが、排便の量が少ない時や、すっきりしない場合も、便秘のケースとして挙げられるでしょう。

ここら辺の定義や境界線については、少しあやふやで明確なものはないのですが、なんにせよ、通常では3〜4日に渡って便通のない状態のことを、便秘ということです。

これら便秘の原因は様々なことが挙げられますが、この多くは普段からの生活やいつもの食事などに気をつけることによって、改善や予防をすることが可能ですが、大腸がんなどの深刻な病気が潜んでいるというケースも考えられなくもないので、一回ぐらいは専門のお医者さんに診断してもらうこともいいでしょう。

とにかく便秘は症状や特徴に合わせて対策を施せば、ほとんど解消・改善することが可能です。当サイトでも便秘の解消について様々な情報を提供いたしますので、勉強するようにしていきましょう。

宿便とは?

便秘 解消の為の基礎知識で、普段からよく耳にする宿便について解説いたします。宿便を改善していくことが、便秘の解消にも繋がってきますので、しっかりと勉強しましょう。

そもそも宿便というのは、小腸や大腸の内壁に数ヶ月〜何年もの間、付着してしまっているタール状の黒い便のことを指します。この宿便の主成分は脂肪と蛋白質で腐敗がひどく、悪臭を放っており、通常の便は排出すればでるのですが、この宿便は腸内に滞り続け、健康を害する毒素を発生しているといわれています。

なぜ宿便が腸に留まってしまうのかというと、人間の腸には、シワやヒダのようなものがあるので、その部分に便が引っかかってししまって、腸の中に長く留まってしまっているそうです。便秘と同じように運動の不足や不適切な食事、ストレス過多などの理由で宿便も溜まるのですが、宿便が留まってしまう傾向にあるのは、やはり正常なお通じがある方よりも、便秘がちになっている方のほうが宿便が溜まる可能性も高いとされています。

宿便についてはいろいろな説があって、心臓病や動脈硬化などの重い病気にも繋がる可能性があるともいわれています。なんにせよ排泄すべきものを、腸に溜めてしまうということは身体にとっても良い状態とは、いえることはできないでしょう。

そういったところでも腸に便が溜まってしまうという宿便を、溜まらないに改善していくということが、便秘の解消にも効果があるということになるのではないでしょうか!

便秘の原因

便秘の原因は様々なことが考えられますが、引き起こる原因で多いものはやはり、食事や生活によるところです。

まずここでは便秘の原因について考えられる、代表的な原因を挙げていきますのでご自身のケースに合わせて、便秘の改善の方法や対策を練っていくようにしましょう。

食べ物が原因の便秘

まず1番多い便秘の原因が食べ物・食生活です。これは一切食べ物をとらないなどの、無理なダイエットによって、 便秘の引き金になることが多いです。特に朝食を抜くと、体の排便の機能が狂ってしまいますので、 腸の活動が正常に機能しなくなってしまいます。

ダイエットをして痩せたいという気持ちは分かりますが、こういった無理な食事制限は、便秘の原因になってしまいます。またこれとは逆に暴飲暴食などの食事の過剰摂取も、便秘の原因になることがありますので 注意が必要でしょう。

便意の見逃しが原因の便秘

次に挙げられる便秘の原因が、便意の見逃しです。

これは便意が起こっても忙しさや、恥ずかしさのために我慢してしまうことによって、自律神経の働きが鈍くなりますので、便意を感じにくくなってしまいます。基本的に排便という行為は、便意があって行なう行動なので、感じることができなければ必然的に慢性的な便秘になってしまいます。

特に朝は腸の運動が活発になっっていますので、1日1回はしっかりと、便意を感じたときに、排便するように心がけていくようにしましょう。

食物繊維・水分の不足が原因の便秘

食物繊維や水分不足が原因で、便秘になるケースもあります。そもそも食物繊維というのは、排便をスムーズにしてくれる栄養素なので、ここが不足すると便秘の原因になってしまいます。

特に現代人は外食やインスタントフードなどで、慢性的な野菜不足なので、必然的に食物繊維も足りないという状態になってしまいます。食物繊維同様水分が不足することも便秘の原因になりますので、しっかりと摂取するようにして下さい。

ストレスが原因の便秘

過敏性腸症候群という病気が年々増えているという状況から、ストレスも便秘の大きな原因に挙げられます。

これは腸の働きというのは、自律神経にコントロールされていますので、ストレスを抱え込んでしまいますと、自律神経も乱れますので、腸の機能も弱くなり便秘になってしまうということです。仕事や人間関係など日常でストレスにさらされる状況はたくさんありますが、ストレスをコントロールすることが便秘の解消にも繋がるのでしょう。

病気が原因の便秘

便秘を発生させる病気というものが中にはあります。

これは大腸がんや腸閉塞などで、これらの病気が原因で便秘になってしまうというケースもあります。こういった意味から、便秘になっている方は、病気にかかっているという可能性もありますので一度、専門医に診察してもらうことをお勧めいたします。

便秘の種類

便秘の種類について解説していきます。
あなたはどの便秘の種類に当てはまるかチェックしていって下さい。

便秘は大きく分けると、

  • 急性便秘
  • 慢性便秘
この2つの種類に分けられます。

この2つからさらに細分化していくと、まず急性便秘は、比較的一時的な症状である、「一過性単純性便秘」と、病気によって引き起こる、「症候性便秘」があります。

「一過性単純性便秘」は食事を含む日常生活の変化や、ストレスが原因で引き起こる症状で、「症候性便秘」は急性的な症状の場合、腸捻転や腸閉塞などの病気にかかっている疑いがありますので、このケースの場合は病院に行くなどの注意が必要です。 次に慢性便秘は、何かしらの原因によって引き起こる「常習便秘」と、病気によって引き起こる「症候性便秘」があります。

常習便秘の代表的な症状は、

  • 結腸性便秘
  • 直腸性便秘
  • けいれん性便秘
がよくあるケースで、結腸性便秘は高齢者の方によくみられ、結腸のぜんどう運動が弱い為に、便を十分に外に押し出すことができないというケースです。

直腸性便秘は便意を無視したりすることが原因で引き起こるケースで、慣れてくると便意を感じにくくなる為に、便秘になってしまうということです。

慢性便秘の中でも特に油断できないケースが、けいれん性便秘で、大腸のぜんどう運動が強すぎる為に起こるもので便秘と下痢が交互に起こったり、慢性的な下痢という症状を引き起こしてしまいます。

けいれん性便秘の症状が見られる場合は、必ず病院や専門医に相談をすることをお勧めいたします。

赤ちゃんの便秘の解消方法

赤ちゃんのや新生児の便秘の解消方法について説明します。

ご自身の赤ちゃんや新生児が便秘になってしまった場合、心配になるというお気持ちはよく理解できますが、まずは落ち着いて対処するようにして下さい。新生児や乳児などの赤ちゃんが、便秘になってしまうケースはよく見られます。

赤ちゃんの便秘の原因は、赤ちゃんの腸の動きが悪かったり、水分不足や、腹筋が弱い為など、数多くの原因があるのですが、 赤ちゃんが普段と様子が違って機嫌が悪そうだったり、泣きながらいきんで肛門が切れたりしてしまっている場合は、便秘になっている可能性が考えられるかもしれません。

赤ちゃんの便秘の解消・対策としましては、まずミルクの量を増やすなどして、水分をたくさん取らしてあげることや、果物などの食物繊維が豊富な食事を、赤ちゃんに摂らせることです。

また赤ちゃんのお腹を優しくマッサージしてあげたり、綿棒にベビーオイルを塗って、肛門に刺激を与えてあげるのも良いでしょう。

ただ注意点としては、極まれのケースで、先天性の病気にかかってしまっていることもあります。この場合、新生児の頃から便秘になってしまい、症状としては、お腹のはりや、嘔吐を引き起こしてしまいます。

赤ちゃんの便秘自体はよく見られるケースですので、さほど深刻に考える必要はないと思いますが、数日経過しても便がでない、嘔吐をするなどで心配な場合は、病院の小児科を受診してください。

ページの先頭へ