便秘今すぐ出したい!便秘即効解消方法

【便秘今すぐ出したい!便秘即効解消方法】
もう何年も続いているお腹のモヤモヤ感と断続的に襲ってくる下腹部の刺すような刺激!?
これが便秘と気づいてから何年の時が過ぎたのでしょうか?今すぐ出したい!このおなかの中の溜まりに溜まったものを!

今すぐ出したい!便秘解消したい!即効で!今すぐ!そう、今すぐ出したい便秘を解消するためには、正しい便秘の解消法を知ることが必要です。
深刻な便秘を何とかしたい!今すぐ出したい!と思いネットで調べているあなたは便秘を解消して健康になりたいと願っている意識の高い女性です!(男性も!!)

スリムな体型のためにも、肌荒れを起こさないお肌のためにも、スッキリ気分で仕事や学校に行くためにも、正しく便秘を解消していきましょう!

便秘薬は最終手段!

今すぐ出したい便秘解消法における便秘薬について説明します。まず説明する前にひと言ですが、「便秘薬を飲むのは、最終手段!!!」ということです。

便秘は様々な原因があります。「今すぐ出したい!」と、便秘解消を急ぐあまりに何も考えないで便秘薬を服用すると副作用として、強烈な下痢や、腹痛を発症することがあります。

便秘になりやすい妊婦の方が、便秘になる度に便秘薬を使用することは、胎児に影響を影響を及ぼす可能性があります。妊婦の方が便秘薬を使用する場合は、かかりつけの婦人科医または内科医に必ず相談をしてください。

薬の使用において特に注意が必要なのは、けいれん性の便秘と症候性便秘です。これらの便秘に薬を使用してしますと、副作用で悪化してしまう可能性があります。今すぐ出したい気持ちは理解できますが、まずは何が便秘の原因でなのかを理解したうえで、最終手段として便秘薬を服用しましょう。

コーラックや、タケダ漢方便秘薬などの、市販されている便秘薬は副作用も少ないようですが、購入の際は薬剤師に成分を聞いてから自分でも大丈夫と判断した上で購入しましょう。

『今すぐ出したい』『便秘から解放されたい』という気持ちは理解できますが、便秘薬の服用は最小限にとどめ、食事や生活習慣の改善からの便秘の解消を目指すことをしっかりと意識しましょう。

便秘の時は食事に注意

今すぐ便秘を解消する1番の方法は、食べ物です。便秘の解消の為に様々な食品を試されている方も多いと思いますが、やはり基本はバランスの取れた食事を摂ること。そしてその食事の中でも、便秘の解消によく効く食べ物を選ぶことが解消法として、正しい方法といえるのではないでしょうか!

まず1番重要なのは朝食です。
便秘に悩んでいる方に多くが、朝食を抜くケースがよくみられます。忙しいという理由は分かるのですが、朝に食事を摂らないことによって、体のリズムが狂ってしまいます。

身体の消化や排泄という機能は、カラダのリズムや体内時計によって支配されています。朝はしっかりと食事を摂るように心がけ、なるべく1日3食バランス良く食べる事が、便秘の解消法の基本といえるでしょう。またコンビニ弁当や、ファーストフードなどの栄養が偏る食事はお勧めできません。今すぐ便秘解消にはバランスの良い食事を心がけてください。

それでは便秘の解消にはどういった食品がおすすめできるかというと、食物繊維を豊富に含んだ食品です。そもそも食物繊維という栄養素は、便の材料になってくれ積極的に排便を促してくれます。また腸の中の善玉菌を増やしますので、健康体を作るという面でも活躍してくれます。

1日の食物繊維の理想摂取量は約25グラムです。食物繊維をいろいろな食べ物の中から摂っていくようにすれば、便秘の解消法として非常に賢い食事の摂り方といえます。

水分の補給をしっかりと!

今すぐ便秘解消する上での正しい水分補給について考えていきましょう。

便秘に悩んでいる方の多くが、効果的に腸の運動がなされていないことが挙げられます。便秘解消するために、身体の外から腸に刺激を与えることが、必要になってきます。

今回お勧めする方法は朝目覚めてすぐにコップ2〜3杯の水を飲むことです。絶対に水でなくてはいけないということではないのですが、水は費用もかかりませんし、手軽で充分効果も期待することが出来ます。起き抜けに冷たい水を腸に入れてやることで、大腸のぜんどう運動が活発化されますので、非常に高い便秘解消効果を期待することができます。

ポイントは朝すぐに水を飲むということで、これを実行することによって通常ゆっくりとしている腸の活動を、起き抜けすぐに活性化させてあげることです。また水だけでなくてその他のドリンク、例えば牛乳やジュースといったものでも腸を活性化することが出来きます。特に牛乳は下剤の効果もありますので、頑固な便秘に悩んでいる方は、水よりも牛乳を飲むことが良いかもしれません。

注意点としましては、けいれん性の便秘の方は腸に刺激を与えることは、逆効果になる可能性もありますので、冷たいドリンクではなく、暖かい飲み物を飲むようにしてください。この方法は個人差がありますので、ご自身で注意して様子をカラダの様子を見ながら行ってください。

また日常的に水分不足の方は、便自体が硬くなることがありますので、やはり水やドリンクなどでしっかりと水分補給することは有効な方法です。

朝は1日の始まりとして、非常に大事な時間です。朝に水分を補給して、排便をしっかりとするという行為自体が時間が必要なことなので、早起きをするということも、今すぐ便秘解消する方法といえます。

食物繊維を正しく摂る

便秘解消では外せない食物繊維について解説します。食物繊維は本当に便秘解消には欠かせない栄養素なので、普段の食事から上手に食物繊維を含む食品を献立の中に入れていくようにしましょう。

よくありがちな話ですが、ある食物繊維を含む食品に便秘解消効果があると聞くと、その食品だけを食事で摂り続けるという方がいますがこれは大きな間違いです!

食物繊維と大きなくくりではありますが、その中でも様々な食物繊維の種類が存在します。食物繊維を含む、代表的な食品・食材を挙げていきます

  • 海藻類
    わかめ、こんぶなど
  • いも類
    じゃがいも、さつまいもなど
  • きのこ類
    しいたけ、しめじ、えのきだけなど
  • 根菜類
    ごぼう、大根など
  • 果実類
    バナナ、いちごなど
  • 葉菜類
    レタス、ほうれん草など
  • 豆類
    豆腐、納豆など

主な食物繊維を含む食材・食品の一例が上記したものとなります。

重要なことはどれかを集中して食事の中で摂るということではなく、全ての食品をバランスよく摂取することが、便秘解消法として非常に大事なことです。

今すぐ便秘解消するための料理を作るのはとても大変です。食物繊維の多く含まれる食品を何点か組み合わせたり、スープにして摂取しやすくしたりして工夫してください。

その中から自分が美味しいと感じれる食品を、バランス良く日々の食事の中で食べるようにし、食物繊維を摂ることを楽しみながら今すぐ実践していくようにしていきましょう。

繰り返しになりますが、さつまいもならさつまいもだけを食べるというような食物繊維の摂り方は効果をあまり期待することはできませんので、やめておきましょう。


便秘解消に役立つ成分

便秘解消に役立つ成分の代表的な成分を紹介します。主に腸内で善玉菌を増やす硬貨のあるものが多くあります。

ビタミンC

善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やし、また便を柔らかくする作用もあり、便秘解消に役立ちます。しかし、摂りすぎると下痢になる場合もあるので注意が必要です。

オリゴ糖

善玉菌ビフィズス菌のエサになるため、善玉菌を増やし、悪玉菌の繁殖が抑えられ腸内環境が整います。牛乳やヨーグルトに混ぜて摂ると、便秘解消により効果的です。

にがり

腸内でいったん吸収された水分を、再び腸内へ呼び戻す働きがあります。スポンジのように水分を集めることで、便を柔らかくし、排便を促してくれるので便秘解消になります。

ゲンクワニン配糖体

腸のぜん動運動を活発化させ、自然な便通を促してくれます。このゲンクワニン配糖体が含まれている代表的な食材に、ユーカリ茶があります。


運動で便秘解消

便秘の解消方法として、運動と体操について考えていきましょう。運動や体操をすることは間違いなく便秘の解消法になります。運動といっても簡単な体操や、マッサージ程度の軽い運動でかまいません。便秘の解消法として、なぜ運動や体操が必要なのかについて解説していきます。

まず私達現代人は、交通機関や電化製品の発達という喜ばしいことによって快適な生活を得ることができました。ですがこれは同時に、その環境で生きる私達にとって慢性的な運動不足を気にしなければなりません。

便秘で悩まされている方の多くが、運動や積極的に体を動かすということをしていません。慢性的な運動の不足は、排泄という行為においても大きく影響を及ぼしてしまいます。これはお年寄りや女性の方に便秘で悩まされている方が多いということから分かるように、排泄をスムーズにすることは、体力や筋力が必要だからなのです。

ここでポイントに挙げておきたいのが、腹筋です。体が衰える、特に腹筋の力が低下してしまうと大腸が下降気味になってしまいますので、果たすべき役割を、スムーズに果たすことができなくなります。いざ排泄する時に、りきむ力が必要なので、この腹筋を運動や体操などで適度に鍛えてあげるということは、便秘の解消にも大きく効果が期待できます。

また体操や運動などで腹筋を鍛えるということは、腸に刺激を与えてくれますので、積極的な大腸のぜんどう運動が期待でき、しっかりとした便意を起こしてくれるようにもなります。運動や体操によって、身体の新陳代謝が高まりますので自律神経の改善や、健康にも、良いといえるのではないでしょうか。

妊婦の方の便秘解消法

妊娠中の妊婦の方の便秘解消の方法を解説していきます。妊娠中の妊婦の方はしっかりとチェックしていくようにしましょう!

まず妊娠中になりますと、黄体ホルモンという女性ホルモンのひとつが活発に作用する為、大腸の働きを鈍くさせてしまいます。そのため妊娠中の妊婦の方は、便通が悪くなってしまうことも多く、さらに、排出するべき便自体も硬くなることもありますので、

また妊娠初期時の「つわり」によって、食事の量も減りますので排便の回数も少なくなります。こういった状況が排便のリズムを狂わせてしまうことになりますので、便秘に悩まれている妊婦の方の方も多いと思います。

もともと便秘がちではなかった方でも、大きくなった子宮が腸を圧迫したり、ホルモンの分泌が盛んになって腸の活動を妨げたりと、便秘になってしまう要因がたくさん出てきます。

実際の便秘解消法は

妊娠中の妊婦の方の便秘の解消の方法としては、しっかりと水分を摂ることや、散歩や体操などで適度な運動をしてあげることがまず第1でしょう。つまり妊娠中ということであっても、便秘の解消する方法事態は、何か特別なことが必要ということではないのです。

普段と同じような食事や水分補給、運動、体操を行っていき、排便のリズムを一定に保つことが大事なのです。

それでも食欲の減退がある場合は、食物繊維の入っている果物や食べ物を摂り、今ではマタニティビクスという妊娠中の妊婦の方向けの、新しい体操もあるそうなので、そういった運動をしていくこともよいでしょう。

激しい運動は厳禁ですが、軽い体操や散歩、マタニティスイミングなど妊婦でも出来る運動はあります。適度な運動を日頃から心掛けることで便秘解消の効果を期待できます。

また便秘になってしまったからといって、ストレスを感じてしまうことはいけません。厳密に言ってしまえば、便通が悪いからといってもお腹の中の赤ちゃんに悪影響があるわけではありません。

妊婦の方の方は様々な不安があるかとは思いますが、あまり神経質にならず心身をリラックスさせてあげることが、やはり1番良い便秘の解消方法なのです。

腸内洗浄

便秘の解消法として腸内洗浄について説明していきます。腸内洗浄は便秘の解消に効果のある方法として最近注目されています。

簡単に腸内洗浄を説明いたしますと、腸内を洗浄して溜まっている便の排出を促して腸の中の環境を健やかに整えることで、便秘の解消に効果のある方法でハイドロコロンセラピーとも呼ばれています。

またこの腸内洗浄は便秘の解消だけでなく、美肌効果やデトックス、大腸がんの予防など様々な効果・効能が期待できるという方法になります。一口に腸内洗浄といってもサプリメントや薬品を使用したり、いろいろな種類の方法があるのですが、よく知られているものでは腸内に温水を注入して洗浄するという方法でしょう。

これの方法は、直腸に専用の挿入館管を入れて、体温と同じぐらいの温度のキレイな温水を腸の中に入れて洗浄するという方法です。これによって、大腸のぜんどう運動を活発化させることができますし、溜まっている宿便なども取り除くことができます。一説によりますと膨れ上がったお腹が、まっ平になるほどの効果があったという話も聞きます。

今では家庭でも気軽にできる器具が市販されていますが、やはり衛生面や安心を考えるとしっかりと設備の整った病院やクリニックで、事前に専門家としっかりと相談した上で腸内洗浄をするのがよいと思います。

腸内洗浄は、モデルや芸能人の方など美に感度の高い方が実践されていますし、便秘や下痢でお悩みの方はこの腸内洗浄を、1度試して試してみるのもいいかもしれません。

漢方で便秘解消

便秘の解消法として漢方について説明していきます。

漢方は自然のものなので、身体に良いものしか入っていないと思っている方も多いと思いますが、いくら漢方と言っても、薬には変わりありませんので、副作用がないとは限りません。便秘を解消する為に薬を使用するのは、最小限にとどめるのがベストです!

市販で手軽に購入できるものでは、タケダ漢方便秘薬や、大正漢方便秘薬、ツムラ漢方便秘薬などが有名で、便秘で悩んでいる方は一度は使用した経験があると思います。

そもそも漢方というものは、症状や使用する方の体力によって処方が変わってくるものなので、しっかりと専門の方に相談してから処方してもらい、上手に使用するようにしましょう。

便秘解消に効果的なハーブ

便秘解消に効果的なハーブがいくつかあります。生活に取り入れれば、自然な便秘解消が期待できます。便秘解消に役立つハーブをいくつか紹介します。

ルバーブ

ルバーブは主にジャムにして摂取します。ルバーブジャムは酸味が強く、慣れるまで少し食べにくいかもしれません。ルバーブには緩下作用があり、ヨーグルトなどに混ぜて食べれば便秘解消効果抜群です。

アロエ

苦味成分が大腸に入ると善玉菌の働きを活発にして腸管からの水分の分泌を増やし、蠕動運動を活発にします。そのまま食べるととても苦いので、アロエヨーグルトで摂取するのがおすすめです。

アマ

アマの種子は、腸内で膨潤し緩下作用があります。1日数回アマの種子を砕いたものを茶さじ1?3杯摂取するか、食さじ1杯を朝晩牛乳と一緒に飲むのも良いでしょう。つぶしたオート麦、蜂蜜、ソフトチーズ、粥などに混ぜても効果的です。ただし、同時に1日コップ8杯程度の大量の水を飲んでください。

フェヌグリーク

水溶性食物繊維が含まれているので満腹感を得やすく、便通がスムーズになります。カレーの香辛料としても使われています。

まとめ~女性と便秘

女性の4人に1人は便秘と言われています。女性に便秘の方が多いのはなぜでしょうか。その原因のひとつに、一般的に女性は男性に比べ腹筋が弱いので、便秘になりやすいということがあります。

また、横隔膜の筋力も弱く、便を排出する力が全体的に男性に比べると弱いのです。このように、女性は筋力が弱いため便秘になりやすいということが言えます。

また、男性に比べた女性の身体的な特徴として、骨盤の形状が広いということがあげられます。女性は赤ちゃんを産むため骨盤が広くなっているのですが、これが便秘の原因になっているとも考えられます。骨盤が広いと腸が落ち込みやすくなり、腸は曲がりが強くなってしまいます。

便は、大腸に入る前までは水分を多く含んでいますが、大腸に入ると水分を吸収されてしまいます。つまり、大腸に停滞する時間が長いほど便は水分を失うことになり、硬くなってしまいます。

曲がりが強い落ち込んだ腸は、便が通過しにくい形状となっているため、便は大腸での停滞時間が長くなり、水分を失った硬い便となってしまいます。

結果、便秘となってしまうわけです。その他の体内的な要素を挙げると、ホルモンにより作用が便秘の原因となっていることが考えられます。

女性は便秘になりやすい

女性ホルモンのプロゲステロンは、排卵に備えて水分を体内に溜め込もうとする作用があります。女性ホルモンが作用し、大腸で便の水分がより吸収され硬くなるので便秘となります。

また、この女性ホルモンは子宮などを緊張させて大腸の活動を妨げてしまう作用もあるので、結果、便の通過が悪くなり便秘の原因となってしまいます。

これら女性の身体的な原因の他に、食事量の不足による便秘があります。食事量が足りてないことによって食物繊維の摂取も不足してしまい、便秘になってしまうということです。

便秘解消には、女性の場合は特に、規則正しい生活、適度な運動、食物繊維の摂取を普段から心掛けることが必要です。



記事参考サイト

電子書籍比較
腎臓病食事宅配
谷間の作り方
スルフォラファン
腎臓病食事宅配サービス
クレアチニンを下げる食事方法
クレアチニンキナーゼ

ページの先頭へ